毎年払う事が義務付けられています

50万円以上の車を購入する場合のみかかる諸費用になります。 全ての車にかかる税金ではないので知っておくと便利だと思います。 車種やグレードや車の仕様ごとに収める税金が違うそうです。 所得金額の約3%が自動車取得税となります。 新車購入から経過した年数ごとに支払うようになります。

車のディーラーに支払う事が多いです

車の購入にはきちんとした届けを警察に出さないといけないのです。 自分で車の登録をする事も出来ますが、大概は購入した先のディーラーで代行して貰う事が多いのではないでしょうか? もし自分で取得する時間があるのであればこの諸費用はかかる必要はありません。

廃車にする時にかかる費用になります

車を乗り換えたりする場合やもう乗る必要がない場合、売るとかかる車の処分費用だと考えて下さい。 車の部品やパーツはバラバラにして販売する事も出来ますし、意外と海外では高く売れるそうです。 リサイクル費用として貰う事で輸出が出来るようになるのです。

高額な車にかかる税金になります

この自動車税は全ての車を運転する人に対して国から課せられている税金の一つです。
その為、毎年住んでいる都道府県の自治体に納める必要があります。
きちんと納めないと最悪の場合には車を差し押さえされてしまう可能性もあるのできちんと納める事が大切です。

納税に関してですが、毎年4月に納税するようになり、もし車を途中で購入する場合には登録の翌月から年度末までの金額を月ごとで納めるようになっています。
車の排気量に応じて課税されているのが自動車税ですが、エコで排気ガスがクリーンな車も多く販売されている事もある為、中には減額されているか免税になっている車もあるそうです。
その場合には、自治体に確認をしてみると良いと思います。

電気自動車も増えていますし、税に関する事は変わる事が多いのでその都度の確認する方が安心でしょう。
軽自動車の場合ですが、金額は一律で決まっているみたいです。
車を購入すると言うのは単に車のみの金額を払えば乗れるのではなく、様々な税金や保険を支払う事で安心や安全も一緒に購入をして乗れるようになっているのです。

車の金額が高ければ高いほどかかる税金や諸費用も高額になる可能性もあるので注意が必要です。
例えば160万の車を購入する場合には自動車税が約12万から13万ほどかかる計算になります。
ただ、車の購入は大きな買い物の一つでもあるので自分の収入に見合った車に乗る事が一番良いと思いますし、事故を起こしてしまえばもっと高い代償を支払う事になるので気を付けましょう。