毎年払う事が義務付けられています

自賠責保険って何?

交通事故を起こした時にも人を傷つけてしまった場合に適応される保険になります。
事故の被害者を救う為の保険と言っても良いでしょう。
加害者であった場合には背負うべき経済的な負債を保険で賄う事が可能なのです。

賠償金が高い場合に自分の家計からではどうしても足らない事もある事だと思います。
なるべく加害者の経済的負担をなくすありがたい保険でもあるのです。
この保険は対人に対しての保険なので、物にぶつけた場合には適応されない保険なので注意が必要です。

この自賠責保険というのは1995年から強制的に加入を義務付けられたそうです。
なので、加入しないと大変な事になりますし、法律でもきちんと定められているので加入しないと法律違反で逮捕されてしまう場合もあります。

加入しなかった人の事例について

少し前までは加入するかしないかを選ぶ事が出来たそうです。
昔の日本では加入してない人が多く事故を起こしてしまった場合には一生をかけて支払いをしないといけなかったみたいです。
前の記事でも紹介したと思いますが、そんな人々の救済の為に自賠責保険が出来ました。
被害者を救済すると書きましたが、少しは加害者の負担も抑える効果のある保険だと思います。

ですが、加入しない人も未だにいる事は確かだと言います。
ここで加入しなかった人の事例をご紹介したいと思います。
車でもバイクでも自賠責保険の加入は義務なのにも関わらずにある人は加入せずに運転をしていたそうです。
事故を起こして何と人を死亡させてしまいました。
危険な運転だった為、他の罪名も追加されて交通刑務所に入る事になり遺族に対して今でも支払いを続けています。