車のディーラーに支払う事が多いです

自動車重量税について

自動車重量税とは一体どんなものなのかきちんと理解している人はあまりいないのではないでしょうか?
なので、ここで簡単ではありますがご説明したいと思います。
自動車の区分、重量や年数に応じて課税させる税金の一つとなっています。

その為、車両にかかる重量が0.5トン毎に税金の額が増加するようになっています。
納付の方法についてですが、車検があると思うのでその時に重量を変更した場合には書類に記載をして印紙を貼り提出するようになります。
提出先はディーラーでも良いみたいですが、一番安全なのは自治体に提出する事が安全だと思います。
申請を行う事により、減税の対象になる車に乗っているのであれば還付金を受け取る事が可能となっています。

還付制度について

自動車重量税の還付金を受け取る事が出来ると言う事は前の記事でも説明したと思いますが、ここでは還付金の制度についてどんな制度であるのかを確認してみたいと思います。
この制度は車検の有効期限内に車が廃車となった場合にリサイクル法に基づいて車がきちんと処分された場合に限ってですが、車検の残存期間に相当する自動車重量税額の還付を受け取る事が出来る制度になっています。

この制度を利用する事により車検がたとえ残っていて廃車処分にしたのであってもある程度の金額を手にする事が出来るのです。
ですが、車検の期間が1カ月に満たない場合には還付金を受け取る事が出来ないので注意しましょう。
運輸局に自動車重量税の還付が報告されないと還付金の支払いが出来ないそうです。