廃車にする時にかかる費用になります

納車費用について

仕事の都合があったり、家の事情でディーラーに車を引き取りに行けない人もいる事でしょう。
そんな時には納車費用を支払う事で家まで車を持ってきて貰う事が出来るのです。
この諸費用は強制的に支払いをする事はないのであくまでも任意で払う諸費用になります。
ですが、家が遠い人も中にはいたりします。

その場合には高速を使って行かないと行けない距離に家がある事もしばしばあるそうです。
このような場合にはプラスとして高速代もきちんと納車費用として納める必要があります。
新車であっても中古車であってもきちんと車を運ぶ専用のトラックに載せて運ぶようになるので購入した車を運転して納車するなんて事はありませんので安心して大丈夫です。

取り寄せをした場合について

ネットで見た車を購入してそれが自分の住んでいる県からかなり離れている所だったとします。
そのような場合には直接車を引き取りには行けません。
なので、納車して貰う必要があります。

前の記事でも紹介したと思いますが、ディーラーの人が運ぶのが普通なのですが、距離が遠い場合には最寄りのディーラーに頼んで購入者の所まで納車して貰うそうです。
勿論、輸送費も納車費用としてディーラー経由で元の車があったお店に支払わないといけないですし、少しは代行してくれたディーラーにも払う必要が出てくる場合もあります。
特に、外車の場合だと支払うのが当たり前で距離が遠い所から取り寄せをした場合には高額になるケースもあったりするみたいです。